炎のピアニスト・かぐらによるmusical diary
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリアフリー・ピアノ研究会(BPS)ホームページ
BPS発足から半年、漸くホームページを作りました。
勿論PC素人の私が何とか作った簡素なもので、
至らない点も多いかと思いますが、
BPSの活動について、ご紹介できればと思います。

http://kagura89-vega93-gr.wix.com/the-artist-jp

お時間のある時に、ご覧になって頂ければ
とても有難いです。


スポンサーサイト
バリアフリー・ピアノ研究会(BPS)会報vol.3
漸く春らしい暖かさになってきましたね。
花粉もピークは越したようで、安堵しています。

BPS(バリアフリー・ピアノ研究会)会報vol.3が完成しました。
ご高覧頂ければ光栄です。

Vol.3 Mar 31, 2016
バリアフリー・ピアノ研究会(BPS)会報

<ご挨拶>
 漸く春らしくなってきました。皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか。
 先日の白十字コンサートは、おかげさまで、皆様の演奏レベルも高く、お客様の数も倍増し、素敵なコンサートとなりました。今回の会報では、3/4の白十字コンサート報告、春夏のコンサート情報、またBPSホームページについてお伝え致します。


<3/4(金)白十字チャリティ・コンサート2016・報告>
 毎春恒例の「白十字チャリティ・コンサート」、今年も国立の喫茶店「白十字」をお借りして、ト音記号の模様がついた特製ケーキとともに、演奏を楽しむことができました。回数を重ねるごとに、出演者の演奏も益々充実し、コンサートが日頃の練習の励みになっていることを実感致しました。以下に報告致します。

 日時: 2016年3月4日(金) 18:30-20:30
 場所: 喫茶「白十字」(東京都国立市)
 来場者数: 27名 (うち関係者16名、お客様11名)
 コンサートプログラム:
 1. 山田 美穂 / 梶野 佳美     右から2番目の星
 2. 山田 美穂   シベリウス   樅の木
 3. 鈴木 凛太朗  ショパン    エチュード op.10-3「別れの曲」
 4. 清水 麻由   池田公生    Amazing Grace ~Old American Grafity~
 5. 塚田 哲夫   J.S.バッハ   平均律クラヴィーア曲集 Vol.2, No.3
 6. 塚田 哲夫 / 薗田 由紀子    フォーレ  ドリー組曲 No.3「ドリーの庭」
  No.6「スペイン舞曲」
 7. 薗田 天    モーツァルト  ファンタジー K.397
 8. 坂東 翔一郎  リスト     演奏会用練習曲 No.3「ため息」
 9. 太田 将誉   ショパン    ワルツ No.1, op.18「華麗なる大円舞曲」
           太田将誉    儚い夢
 10. 薗田 由紀子  ベートーヴェン ピアノソナタNo.24, op.78「テレーゼ」

 平日夜の開催ということもあってか、出演者数は秋・冬のコンサートに比べて少なめですが、安定感のある演奏が多く、皆様日頃から熱心に練習されていることが伺えました。また聴きにいらして下さったお客様が11名と、昨年より倍増したことは大変嬉しいことです。来年はさらに倍のお客様に楽しんで頂けるよう、頑張っていきたいですね。

<コンサート情報>
 [ 5/21(土) ピーター・リッツェン マスタークラス ]
 初夏の訪れを感じる5/21(土)14:00より、世界で活躍される名ピアニスト、ピーター・リッツェン先生のマスタークラス(公開レッスン)が開講されます。薗田由紀子が僭越ながら、受講者の1人となりました。ドッキドキしながら練習する毎日です。
 日時:2016年5月21日(金) 14:30-17:30
 場所:KM ART HALL (京王新線・幡ヶ谷駅より徒歩4分)
 曲目:薗田由紀子   ベートーヴェン ピアノソナタNo.24,op.78「テレーゼ」
    富士本菜々絵  ドビュッシー  前奏曲第1週よりNo.4, No.5, No.12
野々垣真理   リスト     ダンテを読んで~ソナタ風幻想曲
 聴講料:3,000円
*2,000円の優待券を薗田が数枚キープしております。
*翌日5/22(日)にリッツェン先生ご出演のコンサートが白寿ホールにて開かれます。こちら
との通し券販売(5,000円)もあります。
 料金もかかってしまうので恐縮ですが、もしご関心がありましたら、お越し頂ければ光栄です。

 [ 8/7(日) ~心のバリアフリーを目指して~ ジョイント・コンサート ]
 前号でお伝えしたコンサートですが、~心のバリアフリーを目指して~ ジョイント・コンサートという名称に決まりました。8/7(日) 13:00より、川崎市男女共同参画センターすくらむ21ホール(溝の口駅より徒歩10分)にて開催致します。BPSが後援致します。第1部は塚田哲夫、薗田由紀子による演奏、第2部はスピーチやインタビューをまじえて、坂東翔一郎、坂東安次郎、薗田由紀子が語り、演奏致します。曲目、チケット入手等の詳細は次号でお伝え致します。是非当日ご来場頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 *皆様の出演されるコンサート情報をお待ちしております。随時お知らせ頂ければ、喜んで掲載させて頂きます!


 BPS発足から半年、漸くホームページを作成できました。
 http://kagura89-vega93-gr.wix.com/the-artist-jp
 まだ簡素なものですが、ご参照頂ければと思います。また、ホームページに関しても、ご意見等お気軽にお寄せ頂ければ、大変有難く存じます。どうぞ宜しくお願い致します。

 次回の会報は、6月末頃を予定しております。秋のコンサート出演者募集及び、夏のコンサート・イベント情報等をお伝え致します。会報に関して、またBPSの活動に関して、ご意見、ご希望、お問い合わせ等、いつでもお気軽にご連絡頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
      発行: バリアフリー・ピアノ研究会(BPS)
文責: 薗田由紀子 yukikosonoda@yahoo.co.jp 080-2130-8245
3/18サロンコンサート
先週の金曜日、3/18の夜、
ピアノスタジオノア田園調布店にて、
サロンコンサートに出演させて頂きました。

昨年できたばかりのスタジオで、
30畳、42席のサロンには
スタインウェイB-211が入っていると聞いたので、
是非一度弾いてみたいと思っていました。

演奏した曲は、ベートーヴェンのテレーゼと
ラフマニノフの鐘。
スタインウェイの上品な音色にテレーゼは
とてもマッチしていたと思います。
鐘は良いピアノで弾くと、本当に綺麗に響きますね。
弾きながら、上手くいったところ、
あまり綺麗に響かなかったところ、
反省と課題が色々見つかって、
とても良い経験になりました。

一緒に出演していた中学生の女の子が、
木枯らしとカンパネラを
秀逸の技術で、かなり速いテンポで弾かれていて、
若さって凄いなあと。
考えてみたら、中学生の時、私もバラード1番や
月光の第3楽章を弾いていましたが、
あの頃の演奏を懐かしく思い出していました。
そして、今はもう決して若くないけれど、
逆に今の私にしかできない演奏を
今後突き詰めていこう・・・
なんて考えていました。

夏には客席800人の大舞台で、
まさにその「ラ・カンパネラ」を弾きますが、
学生のときに弾いたのとは一味違う、
46歳の今だからこそできる演奏を心がけて
日頃から練習を重ねていきたいと
決意しています。

白十字チャリティ・コンサート2016
3/4(金)の夜、東京・国立駅前の老舗喫茶店「白十字」にて
毎年恒例のチャリティ・コンサートを行いました。
BPS(バリアフリー・ピアノ研究会)が主催する年3回のコンサートの1つとして、
毎春、白十字の美味しいケーキと共に、音楽を味わって頂いております。
心のバリアフリーを目指すピアニストなら誰でも出演大歓迎、
それぞれのプレイヤーが、自分の想いをピアノに乗せて表現します。

今年は以下のプログラムで開催させて頂きました。
1. 山田 美穂 / 梶野 佳美     右から2番目の星
2. 山田 美穂   シベリウス   樅の木
3. 鈴木 凛太朗  ショパン    エチュード op.10-3「別れの曲」
4. 清水 麻由   池田公生    Amazing Grace ~Old American Grafity~
5. 塚田 哲夫   J.S.バッハ   平均率クラヴィーア曲集 Vol.2, No.3
6. 塚田 哲夫 / 薗田 由紀子    フォーレ  ドリー組曲 No.3「ドリーの庭」
No.6「スペイン舞曲」
---------- break : cake time ----------
7. 薗田 天    モーツァルト  ファンタジー K.397
8. 坂東 翔一郎  リスト     演奏会用練習曲 No.3「ため息」
9. 太田 将誉   ショパン    ワルツ No.1, op.18「華麗なる大円舞曲」
          太田将誉    儚い夢
10. 薗田 由紀子  ベートーヴェン ピアノソナタNo.24, op.78「テレーゼ」

メッセージ性のある皆様の音楽を聴かせて頂くことが
毎回とても楽しみなのですが、
今回は特に、皆様この日に向けて、しっかり仕上げてきて下さっていて、
また会場の温かい雰囲気がプレイヤーに伝わったのか、
皆様いつもよりも緊張することもなく、のびのびと自己表現されているように
聴こえました。
この調子で、回を重ねるごとに、ますますピアニスト達の独自の世界が
展開されていけば嬉しいなあと思っております。
出演者の方々、保護者の方々、聴きにいらして下さった方々、
そして今回もコンサートのためにご尽力下さったスタッフの皆様、
本当にどうも有難うございました。
ばんちゃん会
昨日2/28(土)、善福寺の葉月ホールハウスにて、
「ばんちゃん会」に参加させて頂きました。

一昨年の夏、横浜でチャレンジャーズ・コンサートという
障がい者ピアニストのコンサートがあり、
私は審査員兼会場係だったのですが、
リハーサルのタイムキーパーをしていた時、
とても純粋な音色で「愛の夢」を弾いていた20代の青年が
とても気になり、思わずお父様に声をかけてしまいました。
「綺麗ですね・・・」と。
彼は私の予想通り、その日の演奏で横浜市長賞に輝き、
その後、お父様と連絡させて頂くうちに、
彼のファンの集いがあると伺いました。
それが「ばんちゃん会」です。

今回で3回目の参加になりますが、
毎回、果たして私が溶け込めるのだろうかと
ドキドキしながら会場へ出かけ、
しかし、いざ始まってみると、そんな不安も吹き飛び、
とても心地良い気分になって帰宅します。
今回も、ばんちゃんのいつもながらの
誠実な演奏を堪能し、
ばんちゃんを囲む皆様方の温かさに触れ、
本当に楽しい時を過ごさせて頂きました。
ばんちゃんの「ため息」を聴くと、
つい私も弾きたくなります。
いくら指が動いても、聴衆を納得させる演奏って、
なかなかできるものではないですね。

今回は、バッハを弾いていらした方が多く、
実は試験以来一度も人前でバッハを弾いていない
ことに気づきました(笑)
別に避けているわけでもないのですが・・・
その上、平均律第1巻16番に爆笑ものの歌詞がついた
4声アカペラまで披露していただき、
いやあ、もう可笑しくて暫く16番弾けません、
レッスンできません。

ばんちゃん会に参加すると、
こんな音楽の楽しみ方があるんだと
ハッとさせられます。
音楽って、万人の心に様々な側面から
訴える力があるのだと、
再認識できた1日でした。

お世話になった皆様方、
本当に有難うございました。
次回もまた、どうぞ宜しくお願い致します。
Copyright © 2017 viva Beethoven. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。